レーシックの後遺症は一時的

レーシックによって視力が再び低下してしまうなどということは極めて稀なこととなります。
もし視力が低下してしまっても、角膜の厚みがまだ十分に残っている状態でしたら、再度レーシックの手術を受けることが出来るのです。視力の低下は、近視の程度が酷いと、可能性が高くなってくる後遺症となります。
なので事前の検査である程度のレーシックのリスクを理解しておきましょう。
レーシックの手術を実施したことによって生じる後遺症として有名なものに、「目が充血する」「目がしみる」というものが挙げられます。
手術直後の一時的なものとなっており、長くても一週間程度で落ち着くものですので、そこまで心配をする必要はありません。 時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。
レーシックについての口コミサイトが最近多くなってきましたが、これはまさに必見の情報サイトと言えるでしょう。
ただし中には悪質なレーシッククリニックへの誘導サイトも存在しているので注意が必要です。

 





七騎の会
URL:http://xn--u9j630g7xa460t.net/
七騎の会


レーシックの後遺症は一時的ブログ:17年09月03日

こんにちは

みなさんは
「脂肪=体に悪いもの」と考えていませんか?

しかしそれは間違いで、
脂肪は人間が生きて行く上で、
とても必要なものなんですよ!

例えば、
エネルギー源になったり、内臓を守るクッションの役割になったり、
寒さをやわらげるための体温調節をしたり…など、
ボクたちが生命を維持するために欠かせない存在です。

ただ
増えすぎてしまうと生活習慣病の原因になりますし、
極端に少なくなると適正範囲を守るのが理想的です。

「皮下脂肪」と「内臓脂肪」は
両方とも体の中にある脂肪、いわゆる体脂肪ですが、
皮膚の下にたまるものを「皮下脂肪」、
内臓の周りにつくものを「内臓脂肪」といいます。

脂肪が必要以上に体にたまりすぎると肥満になりますが、
お尻やももなどの下半身に脂肪がつくのが、
「洋なし型」と呼ばれる皮下脂肪型肥満、
お腹の周りに脂肪がつくのが
「リンゴ型」と呼ばれる内臓脂肪型肥満となります。

一般的に、
男性はリンゴ型の内臓脂肪型肥満になりやすく、
女性は洋なし型の皮下脂肪型肥満になりやすいといわれています。

特に、
内臓脂肪型肥満は
生活習慣病の原因になりやすいので注意が必要です。

ですが、
内臓脂肪の方が皮下脂肪に比べ
「つきやすいけれど落ちやすい」という特性があるので、
日々の食事と運動の習慣を見直すことで
落としやすい脂肪でもあるのです。

お腹の周りに脂肪がつきすぎて
落としにくくなってしまう前に
食事内容を改善して、
適度な運動をする習慣を見につけたいものですね。