感染症にかかってしまわない為の配慮

感染症にかかってしまわない為の配慮



感染症にかかってしまわない為の配慮ブログ:15年02月10日


お子様が生まれて1ヶ月とちょっと経ったある日、
お宮参りに行ってきました。

6時からバタバタと準備をし、駅へ向かいました。
待ち合わせをしていたのです。

待ち合わせをしていたのはぼくのお母さん。
忙しい中都合をつけてくれて、
一緒にお参りすることになっていたのです。

お母さんと落ち合った後、
そこからすぐ近くの神社に向かいました。
その短い時間に、お母さんはもう孫に夢中です。

寝てるだの起きただのと、はしゃいでいたのでした。
「こんなにはしゃぐんだ~」と、はしゃぐお母さんの姿を見て、
新鮮というか、少し意外な感じがしました。

神社に到着してご祈祷をしてもらうまでの間、
待合室で少し待つことになり、
そこでお母さんがお子様を抱いてあやしていました。

その姿を見て、ぼくはびっくりしました。
お母さんがお子様を抱く時、
なんだかおっかなびっくりな様子だったのです。

そして、
お母さんのうでの中でお子様が少しグズり出すと、
あわててこう言うのです。

「ごめんね~、ママと抱き方が違うから嫌なのかな~、ごめんね~」
その様子とその言葉を聞いて、びっくりしました。

何にびっくりしたかというと、
ぼくの知らないお母さんの姿を見たことに
びっくりしたのです。

ぼくの中では、
2人もお子様を育て上げたのだから、
赤ちゃんの扱いなんて余裕しゃくしゃくで、
少々グズろうが泣きわめこうが、涼しい顔をしているのが、
お母さんだと思っていました。

ところが、
実際はそうではありませんでした。

まぁ、生まれたての赤ちゃんを抱くのは
おそらくぼくが赤ちゃんの時以来ですから、
30年くらいはブランクがあるわけで、
おっかなびっくりになる無理もないのかなぁと思うのですが、
その姿が、本当に意外だったんですよね!

感染症にかかってしまわない為の配慮

感染症にかかってしまわない為の配慮

★メニュー

片目だけのレーシック手術も出来る
手術中に痛みを感じることはほぼ無い
レーシックで失明をしてしまう可能性
豊富な知識と経験のある医師を選ぶ
感染症にかかってしまわない為の配慮
レーシック後の効果が安定する期間
レーシックの後遺症は一時的
老眼の悩みもレーシックにお任せ
レーシックで遠視の矯正も可能
どの程度視力が回復するのでしょうか


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)絶対に失敗しない為のレーシック探し