レーシックの後遺症は一時的

レーシックの後遺症は一時的



レーシックの後遺症は一時的ブログ:17年09月26日


こんにちは

みなさんは
「脂肪=体に悪いもの」と考えていませんか?

しかしそれは間違いで、
脂肪は人間が生きて行く上で、
とても必要なものなんですよ!

例えば、
エネルギー源になったり、内臓を守るクッションの役割になったり、
寒さをやわらげるための体温調節をしたり…など、
ボクたちが生命を維持するために欠かせない存在です。

ただ
増えすぎてしまうと生活習慣病の原因になりますし、
極端に少なくなると適正範囲を守るのが理想的です。

「皮下脂肪」と「内臓脂肪」は
両方とも体の中にある脂肪、いわゆる体脂肪ですが、
皮膚の下にたまるものを「皮下脂肪」、
内臓の周りにつくものを「内臓脂肪」といいます。

脂肪が必要以上に体にたまりすぎると肥満になりますが、
お尻やももなどの下半身に脂肪がつくのが、
「洋なし型」と呼ばれる皮下脂肪型肥満、
お腹の周りに脂肪がつくのが
「リンゴ型」と呼ばれる内臓脂肪型肥満となります。

一般的に、
男性はリンゴ型の内臓脂肪型肥満になりやすく、
女性は洋なし型の皮下脂肪型肥満になりやすいといわれています。

特に、
内臓脂肪型肥満は
生活習慣病の原因になりやすいので注意が必要です。

ですが、
内臓脂肪の方が皮下脂肪に比べ
「つきやすいけれど落ちやすい」という特性があるので、
日々の食事と運動の習慣を見直すことで
落としやすい脂肪でもあるのです。

お腹の周りに脂肪がつきすぎて
落としにくくなってしまう前に
食事内容を改善して、
適度な運動をする習慣を見につけたいものですね。

レーシックの後遺症は一時的

レーシックの後遺症は一時的

★メニュー

片目だけのレーシック手術も出来る
手術中に痛みを感じることはほぼ無い
レーシックで失明をしてしまう可能性
豊富な知識と経験のある医師を選ぶ
感染症にかかってしまわない為の配慮
レーシック後の効果が安定する期間
レーシックの後遺症は一時的
老眼の悩みもレーシックにお任せ
レーシックで遠視の矯正も可能
どの程度視力が回復するのでしょうか


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)絶対に失敗しない為のレーシック探し