レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性


レーシックで失明をしてしまう可能性
レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
もちろん、レーシックによって何が起こるか分からないという状況は、他の盲腸や骨折などといった一般的な手術と変わりは無いのです。他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性が、その他の手術と比較をして圧倒的に高いというワケでは無いのです。
レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
なので多くの人々がレーシックの手術に不安を抱えており、なかなか手術に踏み切ることが出来ない、という方が多くなっているのです。 思い切ってレーシックをしてみようと思ってもなかなかそれを実行に移すのは悩むことだと思います。
まずはレーシック口コミサイトや情報サイトなどを確認してレーシックについての知識をしっかりと理解しておきましょう。
レーシックの一番の大きなリスクとしましては、その確率はほぼ無いと言ってもいいですがやはり失明というリスクがあります。
しかし実際に失明をしたという例は無く、多くの人が視力を回復し普段の生活を眼鏡等を必要とすることなく送っているのです。



レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:17年09月22日

減量中、夜食は最大の敵です。
寝る前に食べた食べ物は、あまり消費されること無く
体脂肪として蓄積されてしまうからです。

あたくしたちのからだには、自律神経というものがあります。
自律神経には交感神経と副交感神経があり、
11時は交感神経が働き、 18時は副交感神経が働きます。

11時の交感神経は、食べたものの消費を促す指令を出し、
18時の副交感神経は、食べたものを
からだに蓄えさせる指令を出します。

だから、18時寝る前に食べたりすると
太りやすいんですね。

けれど、腹がすいていらいらしたり、
腹がすき過ぎてあまり眠れない時などは、
低カロリーで消化のいいものをとり、
空腹感を落ち着かせるほうがいいと思います。

それでも寝る直前は避け、
二時間くらい前にとるようにしましょう。
18時、腹がすきそうな時は、
次の日の9時食を楽しみに早めに寝るべきですね。

腹がすいてどうしようもない場合は、
お湯を多めに入れたおかゆをゆっくり食べて、空腹を落ち着かせましょう。
消化がいいので、9時、胃もたれすることもなく、
9時食もおいしく食べられると思います。

また、
コーンスープやポタージュなどではなく
インスタントのコンソメスープやカワメスープなどもお勧めです。
低カロリーで簡単にでき、からだも温まるのでいいと思います。

レモネードもレモンの香りで心が落ち着いて、イライラがおさまり、
からだも温まり、ビタミンCも取れるのでお勧めです。

日本酒をほんの少し飲んで、
さっさと寝てしまうのもいいかもしれませんね。
ただ、日本酒はなるべく低カロリーのものにして、
おつまみは食べないようにしましょう。

レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性

★メニュー

片目だけのレーシック手術も出来る
手術中に痛みを感じることはほぼ無い
レーシックで失明をしてしまう可能性
豊富な知識と経験のある医師を選ぶ
感染症にかかってしまわない為の配慮
レーシック後の効果が安定する期間
レーシックの後遺症は一時的
老眼の悩みもレーシックにお任せ
レーシックで遠視の矯正も可能
どの程度視力が回復するのでしょうか


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)絶対に失敗しない為のレーシック探し