レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性


レーシックで失明をしてしまう可能性
レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
もちろん、レーシックによって何が起こるか分からないという状況は、他の盲腸や骨折などといった一般的な手術と変わりは無いのです。他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性が、その他の手術と比較をして圧倒的に高いというワケでは無いのです。
レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
なので多くの人々がレーシックの手術に不安を抱えており、なかなか手術に踏み切ることが出来ない、という方が多くなっているのです。 思い切ってレーシックをしてみようと思ってもなかなかそれを実行に移すのは悩むことだと思います。
まずはレーシック口コミサイトや情報サイトなどを確認してレーシックについての知識をしっかりと理解しておきましょう。
レーシックの一番の大きなリスクとしましては、その確率はほぼ無いと言ってもいいですがやはり失明というリスクがあります。
しかし実際に失明をしたという例は無く、多くの人が視力を回復し普段の生活を眼鏡等を必要とすることなく送っているのです。



レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:17年07月15日

自宅の脇に花屋を構えて1年になる。
妻と始めた小さな店。

近所の幼稚園に通う一人男の子は、
帰ってくると真っ先に店の中に飛び込んでくる。

客がいる時は店内に入らないよう言い聞かすが、
5歳の男の子には、なかなか分かってもらえない…

その日は、
いつになくおいらの足元から離れようとしなかった。
下を向いて何かごそごそやっている様子。

何度注意しても聞かない男の子の態度に腹を立てたおいらは、
つい男の子の顔の前でさっと右手をあげた。

覚悟ができていたのか、
男の子は両目をギュッと閉じて固まっている。

「いい加減にしろ!」
クチで叱りながら何気なく男の子の手元を見ると
何やらしっかりと握りしめている。

薄眼を開けながら男の子は、
「お父さんとお母さんにプレゼント」
と手を伸ばす。

束ねられた花が2つ、
それぞれがラッピング用のセロファンでまかれ、
バランスは悪いがきっちり、リボンまで結んである。

聞くと、お母さんの日も近かったので、
妻に自作の花束を渡したかったらしい。
花の扱い方を教えたことなどないのだが…

よく見ると、結ばれたリボンの先は、
うまい具合にくるくるとカールしている。

こんな短時間のうちに、
おいらのどなり声にもひるまず、よくここまで作れたものだ。

息子ならではの感性と集中力、
そしていつの間に覚えたのか、その観察力に驚いていると、
さっきまでの怒りは自然に消え、顔を張るつもりであげた右手は
いつの間にか力も抜けて、坊主頭の上に軽く置かれていた。

一つでなく二つの花束を作った
男の子の優しい気持ちがうれしかった。

その日の晩、もう一つの花束は
リボンが外されぬまま自宅のキッチンで飾られていた。


レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性

★メニュー

片目だけのレーシック手術も出来る
手術中に痛みを感じることはほぼ無い
レーシックで失明をしてしまう可能性
豊富な知識と経験のある医師を選ぶ
感染症にかかってしまわない為の配慮
レーシック後の効果が安定する期間
レーシックの後遺症は一時的
老眼の悩みもレーシックにお任せ
レーシックで遠視の矯正も可能
どの程度視力が回復するのでしょうか


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)絶対に失敗しない為のレーシック探し