レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性


レーシックで失明をしてしまう可能性
レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
もちろん、レーシックによって何が起こるか分からないという状況は、他の盲腸や骨折などといった一般的な手術と変わりは無いのです。他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性が、その他の手術と比較をして圧倒的に高いというワケでは無いのです。
レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
なので多くの人々がレーシックの手術に不安を抱えており、なかなか手術に踏み切ることが出来ない、という方が多くなっているのです。 思い切ってレーシックをしてみようと思ってもなかなかそれを実行に移すのは悩むことだと思います。
まずはレーシック口コミサイトや情報サイトなどを確認してレーシックについての知識をしっかりと理解しておきましょう。
レーシックの一番の大きなリスクとしましては、その確率はほぼ無いと言ってもいいですがやはり失明というリスクがあります。
しかし実際に失明をしたという例は無く、多くの人が視力を回復し普段の生活を眼鏡等を必要とすることなく送っているのです。



レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:17年06月12日

こんちわ・・いやもうこんばんわか?まだか?

ダイエットを行う場合、
一日の総摂取カロリーを決める必要があります。

摂取カロリーが多すぎれば
身体に溜まった脂肪は減らないですし、
逆に少なすぎれば代謝が低下し
痩せにくい身体になってしまいます。

ダイエットを成功させるには、
必要な量の摂取カロリーをしっかりと摂取することが
とても重要です。

ちなみに…
ダイエットのために摂取カロリーを減らす場合は、
成人の平均摂取カロリーより20%程度落とすのが
最も効果的に身体に溜まった脂肪を落とせるんだそうです。

女性の場合、
成人女性の平均摂取カロリーが約1800kcalなので、
それより20%落とした1440kcalが
ダイエットに必要な一日の摂取カロリーの目安となるわけです。

ただし、
今ままで2500kcal食べていた人が、
いきなり1440kcalに減らすのは危険です。

このような場合は、
2週間おきに300kcal程度摂取カロリーを減らしていって、
目標の1440kcalにするようにしましょう。

いきなり摂取カロリーを減らしすぎると
確実にリバウンドします。

また、
「理想体重×30キロカロリー=一日の総摂取カロリー」
という目安もあります。

例えば…
50kgが目標であれば「50×30=1500」で、
一日の総摂取カロリーの目安は1500kcalとなるのです。

しかしながら、
例えば、現在60kgで目標が50kgの場合、
いきなり10kgも落とすのは
リバウンドしやすく健康も害する可能性があり危険です。

なので、
このような場合は2~3kg減らした体重を目安に、
一日の総摂取カロリーを求めるようにしましょう。

嗚呼,いい気分
レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性

★メニュー

片目だけのレーシック手術も出来る
手術中に痛みを感じることはほぼ無い
レーシックで失明をしてしまう可能性
豊富な知識と経験のある医師を選ぶ
感染症にかかってしまわない為の配慮
レーシック後の効果が安定する期間
レーシックの後遺症は一時的
老眼の悩みもレーシックにお任せ
レーシックで遠視の矯正も可能
どの程度視力が回復するのでしょうか


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)絶対に失敗しない為のレーシック探し